| Admin | Write | Comment |
CALENDER : カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
VISITORS : 来場者数
ELECTRIC SIGN : 電光掲示板

Link selection : 総合リンク


TOWELWEBSHOP
グラデスタオ株式会社


CAFEBOTCHI : カフェ


いざかや臣 : 居酒屋


CAMBERS : TATOOデザイン


NUANCE : マルチディレクター


MONSTEAT : ドメスブランド


SET OFF : HCバンド
FX NEWS

-外国為替-
BAR CODE : 携帯コード
Amaort rainboots
amaort.gif
TRAIB BOOTS
TRAIB CM
TWIG TOWEL
タオルCM
HELIOS
2009anime.gif
PROFILE : 自己紹介
CM2

彩葉(いろは)株式会社
NAME : ISSY

服飾デザイン業務を主体としカテゴリーはウィンタースポーツからキッズアクセサリーシューズ、アパレルなど幅広く活動していきます。また販促品、自社商品なども企画デザインも進行中です。どんどん面白いこと革新的な展開していきますので楽しみにしてください。作品が見たい方は下記までメール下さい。 info@irohacoltd.comまでお待ちしております。
INFO:お知らせ
注意事項をお読みになった上で Blogをご利用ください。 当Blogへのコメント投稿は リアルタイムで掲載されま せん。 本文と無関係の書き込みや 私信はご遠慮ください。 個人、企業に対する誹謗中傷 公序良俗に反する内容の書き 込みなど不適切な書き込みと 判断させる場合は管理者より 削除されます。 Blogへのコメントに個人情報 ならびにそれに準ずる情報の 掲載は禁止します。 メンテナンス中に一時的に コメントを中止する場合が ございます。 当サイトに関するご意見がございましたら、 info@irohacoltd.comまでお問い合わせください
CLICK DONATION:募金
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

水難パニックムービー「オープン・ウオーター」

監督、脚本のクリスケンティスと妻でありプロデューサーである
ローラー・ラウは数年前にダイビング雑誌やニュースレターで
目にしたある特殊な事実の出来事から、「オープン・ウオーター」の
着想を得た。オープン・ウォーター<開放水域>に取り残された
ダイバー達を中心とした出来事である。自信もスキューバー
・ダイバーであるケンティスは、「これが他に類のない出来事なのか、
あるいは頻繁に発生する出来事なのか」を調べはじめた。彼は、
そのリサーチを通じて、非常にまれであるが、これに似た出来事が
実際いくつか起きていたことを知った。独創的で痛ましく、身の縮む
怖さを味わえる「オープンウォーター」の世界観である。



OPEN WATER

解説: 驚がくの前作『オープン・ウォーター』から2年、より恐ろしい
衝撃の実話を映画化した水中パニック・ムービー。ヨットでクルージングに
出かけた男女6人が、海上で命の危険にさらされる姿を描写する。
逃げ場のない恐怖を『センターステージ』のスーザン・メイ・プラットや、
『理想の恋人.com』のアリ・ヒリスら若手スターが熱演。冗談では
すまされない海での致命的なミスに心底震え上がる。
エイミー(スーザン・メイ・プラット)は、生後間もない娘と夫
ジェームズ(リチャード・スパイト・ジュニア)とともにメキシコへ
向かう。エイミーの昔の恋人ダン(エリック・デイン)にヨット・
クルーズに招待された一家は、旧友のザック(ニクラウス・ランゲ)
らを交えて海へと出帆するが……事態は深刻な状況に!!!!!!
映画館までは、、、、って思っていましたが、、、やはり
見に行ったら怖いんだろう〜なぁきっと
個人的にきになりましたねぇ。



OPEN WATER2
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23]

Copyright (c) IROHA BLOG All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
忍者ブログ [PR]